ZMS WebCoder

Webサービスによるピンポイントの住所ジオコード機能

WEBサービスを利用した住所ジオコード機能

ZMSWebcoder:イメージ
ZMSWebcoder:イメージ

ZMS WebCoderは、住所ジオコード機能と地図移動機能を持つMapInfo用のアドオンソフトです。

株式会社ゼンリンデータコムの地図配信サービス「いつもNAVI」を通じて行うwebサービスを利用した住所ジオコード機能で、「いつもNAVI」サーバ上で住所解析をし座標付与を行います。

WEBサービスを利用するため、住所マスタ・座標マスタ等のデータをユーザーPCにインストールする必要がございません。また、これらデータのメンテナンスも、常にWEBサーバー上で行われているため、ユーザーがバージョンアップを行う必要がなくなりました。

※ 住所ジオコード=テキストファイルやMicrosoft Excelなどで作成された漢字住所リストを読みとり、地図上に表示するために自動的に緯度・経度情報を付加する処理のこと。

手頃な価格で番地・号レベルのジオコードが可能に

番地・号レベルでプロットした様子

JPSWebcoder_point:イメージ

※ 上図は、番地・号レベルのプロットを地図上に重ねた様子です。本ソフトウェアに地図は含まれません。

JPSWebcoder_point:イメージ

※ 上図は、番地・号レベルのプロットを地図上に重ねた様子です。本ソフトウェアに地図は含まれません。

ZMS WebCoderは、番地・号、さらには枝番といったピンポイントレベルの精度でのプロットを可能にしました。ピンポイントレベルのジオコードには、これまで多額の費用がかかっていましたが、ZMS WebCoderはリーズナブルな価格を実現いたしました。

※ 全てのデータで番地・号レベルでのプロットが可能というわけではありません。

簡単な地図移動

住所をドリルダウン方式で選択する様子

簡単な地図移動:イメージ
簡単な地図移動:イメージ

画面からの住所選択、郵便番号、施設名、最寄り駅などから簡単に見たい場所の地図画面に移動することができます。(本ソフトウェアに地図は含まれません。)

留意事項

  • ZMS WebCoderは、1IDにつき1台のPCにのみインストールすることができます。
  • ZMS WebCoderは、ZMS WebCoderがインストールされたPCのMapInfo Professional上でのみ動作させることができます。
  • ZMS WebCoderにより生成されたポイントデータ・座標値情報は、ZMS WebCoderがインストールされたPCのMapInfo Professional上でのみ使用することができます。
  • ZMS WebCoderの使用期間終了後は、生成済みのポイントデータ・座標値情報を使用することはできません。

動作環境

  • 【オペレーティングシステム】

    Microsoft Windows XP ServicePack2
    Microsoft Windows Vista Business ServicePack1

  • 【必須ソフト】

    MapInfo Professional 9.5またはそれ以降
    Microsoft Internet Explorer 6.0 ServicePack1またはそれ以降
    Microsoft Data Access Compodents(MDAC)2.8またはそれ以降
    Windows Installer3.0またはそれ以降

  • 【ハードウェア要件】

    ハードディスク空き容量300MB以上
    メモリ512MB以上(推奨)
    CDドライブ
    ディスプレィ1,024×768(XGA)以上の解像度、65,536色
    常時インターネット接続環境

価格(税込)

内容 価格
初期登録費用(初年度のみ・1IDあたり) 58,000円
年間利用料(1IDあたり) 120,000円

[税抜価格]

※ 価格は、2015年7月時点のものです。予告なく変更される場合がありますがご了承ください。

※ 株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズよりご購入頂いたデータを、有償・無償に関わらず、加工の有無に関わらず第三者へ再提供・再配布をすることはできませんのでご注意ください。

※ 本ページの一部、または全てを株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズに断り無く複製・転載することは固くお断りいたします。