「住宅統計データ2020」をリリースしました

2020.10.14

画像イメージ

「住宅統計データ2020」をリリースしました。

建物統計データから約3,200万棟の住居系建物のみを抽出した統計データです。

エリアマーケティングのベースデータである「行政区分地図データ」の町丁目ポリゴン単位に合わせて、一軒一軒の住宅に特化した建物情報を集計・統計化。組み合わせて利用することで、精度の高いエリア分析を実現します。

建物タイプを個人の家屋、マンション、アパートなど8種類に分類し、それぞれの件数を集計。また、共同住宅や複合ビルは階数や部屋数など規模別に分類し集計しています。これまでの国勢調査や住民基本台帳といった一般的な統計データによるターゲットの絞込みに加え、建物種別や規模に着目した、新しい視点からのエリアマーケティングを可能にします。

関連する製品・サービス