トップ画像

見込み客が検索しそうなキーワードでの流入を増やしたい

課題

Webサイトを有効な営業ツールとして活用するためには、見込み客が検索しそうなキーワードでの流入を増やすことが大切です。しかし、次のような悩みを持つご担当者様も多いのではないでしょうか?

  • 競合の多いキーワードなので、検索順位がなかなか上がらない
  • 見込み客が検索しそうなキーワードが分からない
  • サイトのコンテンツが限られているため、内部SEO対策だけでは限界がある
  • 会社名での指名検索が多い

解決方法・アイディア

概念図

見込み客が検索しそうなキーワードほど、競合が多く、検索順位が上げにくいものです。また、あれもこれもヒットさせたいと思っても、コンテンツ量が足りなかったり、フォーカスがぼやけてしまったりで、内部SEO施策だけでは、なかなか思うような結果を得るのは難しいことが多いです。

そういう場合のソリューションの1つとして、ビジネスブログを構築・運用する、という方法があります。コンテンツマーケティング、とも呼ばれますが、テーマを絞ったブログ記事を数多く公開することで、フォーカスがぼやけることを防ぎ、多様なキーワードでの流入を見込めるようになります。

有効なキーワードは、時間とともに変化します。Googleトレンドや、Search Consoleなどを有効に活用しながら、対策すべきキーワードのリストを更新していくことも大切です。

検索エンジンに正しく評価してもらうためには、Web標準に準拠した、適切なマークアップをおこなうことも重要です。また、定期的に記事を投稿し、サイトマップ等を更新して、更新頻度が高いサイトであることを検索エンジンに知らせる努力も必要です。Wordpress等のCMS(コンテンツマネジメントシステム)は、検索エンジンとの親和性が高いため、ビジネスブログを運用するプラットフォームとして、利用価値が高いと言えます。

関連する製品・サービス

関連する事例

関連する記事