動画マーケティングの基礎知識

2019.06.19

私たちの生活のなかには昔からテレビCMなど動画マーケティングを目にする機会がありましたが、スマートフォンの普及により、YouTubeをはじめオンラインでの動画視聴が当たり前になってきました。視聴スタイルの変化により、今や家電製品や子どものおもちゃなどは、テレビCMよりYouTubeで紹介した商品のほうが売れるという事例もある時代です。費用もテレビCMと比べると安価に配信できることもあり、動画サイトの企業アカウントを開設し、運用する会社も増えてきました。

そこで今回は、企業が動画を活用するメリットは何なのか、成功するためのキーポイントなど、動画マーケティングの背景とともに、基礎知識についてご紹介します。

画像イメージ

動画マーケティングとは

動画マーケティングとは、言葉のとおり動画により顧客に購買意欲や興味関心を持ってもらうマーケティング戦略です。動画マーケティングが注目されるようになった背景には、インターネットとスマートフォンの台頭により、YouTubeやInstagram、FacebookなどのSNSの普及があります。

一昔前までの動画マーケティングの主流は、ご存知のとおりテレビCMでした。しかし、若者のテレビ離れが顕著になり、テレビCMとしてのマーケティング効果が一時期より低くなってきている状況です。

代わりに伸びている市場がスマートフォン視聴による動画マーケティングです。テレビCMの15~30秒という短めの視聴時間に対し、YouTubeの普及により比較的長い視聴時間の動画でもマーケティングに活用できるようになりました。これにより、コミュニケーションに時間がかかる商材も訴求対象となり、視聴者ともより丁寧なコミュニケーションが取れるようになりました。また、インターネットとスマートフォンの台頭により、家にいるときだけでなく、どこにいても手軽に動画の視聴ができます。この時間と場所にとらわれない視聴スタイルの変化が、動画を目にする機会を爆発的に増やしたというわけです。

動画マーケティングのメリット・デメリット

では、企業における動画マーケティングのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

動画マーケティングのメリット

  • 短い時間でも理解しやすい
  • どこでも視聴ができる
  • 視覚と聴覚で豊富な情報を伝えられる

動画マーケティングのメリットは、やはり短い時間で情報をたくさん顧客に伝えることができる点です。商材によっては何ページ分もの文章を読んでもらうより、1分間の動画のほうが早く伝わり、視覚的に理解しやすいというケースがあります。
また、スマートフォンひとつでどこでも見られる点もメリットといえるでしょう。何より視覚だけでなく聴覚でも情報を伝えられる点では、紙媒体など他のマーケティング戦略にはない強みといえます。

動画マーケティングのデメリット

  • 途中離脱の懸念
  • 動画制作にかかる時間とコスト
  • クオリティの優劣が出やすい

動画マーケティングにもデメリットが存在します。動画が長すぎると途中離脱の懸念があるということです。視聴スタイルの変化は、視聴時間にも影響を及ぼしています。最初の数秒でいかに視聴者の心をつかめるかどうか。最後まで飽きさせない演出はあるか。企画構成をしっかり立てる必要があります。

何よりその制作にかかるコストが一番のデメリットです。配信こそ無料で手軽にできるようになりましたが、動画の制作にはやはりそれなりのコストがかかります。そしてかけたコスト次第では、情報量が多い動画だからこそ、そのクオリティの優劣も際立って見えることがあります。このあたりをどう設計するかが、動画マーケティングにおけるキーポイントです。

動画マーケティングのメリット・デメリット

動画マーケティングのキーポイント

他のマーケティング手法と同様に、動画マーケティングにおいても単に自社商品のアピール動画を作れば成功するというものではありません。

大切なのは、マーケティングリサーチに合わせ、ターゲットとなる顧客の心理を考えることです。例えば、レシピを知りたい視聴者にいつまでもだらだらと料理の制作動画を見せていては、「結局どの食材が必要なの?」というもっとも知りたい部分を見る前に途中離脱し、他の手段(WEBページの検索など)に切り替えられてしまいます。

レシピを知りたい視聴者心理を考えると、最初に美味しそうな料理で「作ってみたい」という心を掴み、その後にレシピを見せつつ、具体的に材料をどう料理していくかを伝えるべきでしょう。やはり大事なポイントは、ターゲットとなる顧客が『何を見たいか』という心理をとらえた動画の企画と構成です。

まとめ

今回は基本のポイントを中心にご紹介させていただきましたが、この動画マーケティングは、あらためて今伸びているマーケティング手法です。自社の商材との相性もありますが、うまく活用することで、顧客に新たなアプローチができます。
動画の制作はもちろん、企画構成や演出など、自社にノウハウがない場合は、ご要望に応じてプランをご提案することもできますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連する製品・サービス