「GISマーケティング」とは?

GIS(地理情報システム)を活用したエリアマーケティングのことです。海で釣りをする時「魚群探知機」を利用して「釣り」をするのと同じことです。

例えばこんな時に

  • どこに店を出したら儲かるか?
  • どこに支店を出すか?どこに販売代理店をつくれば良いか?
  • どこにチラシを撒けばお客さんを呼ぶことが出来るか?
  • どこからどれくらいのお客さんが来店しているのか?
  • どこに我が店に有効な施設(大学など)があるのか?
  • どこに我が店の競合店があるのか?
  • どこまでが当店の実勢商圏なのか?
  • どこにわが社の商品・サービスを買ってくれるお客さんがいるのか?

この「どこ」を地図上で「ここ」と指が指せれば
エリアマーケティングが易しくなる!

その為にはエリアマーケティングにも「魚群」が必要です。

エリアマーケティングの「魚群」とは

  • 人口・年齢別性別人口・世帯数・世帯人数・昼間人口・流動人口
  • 所得・貯蓄・持家・戸建・共同住宅・住居面積・サラリーマン・個人経営
  • 戸建・マンション・アパート・団地・寮・店舗付住宅・駅までの距離
  • 駅・学校・病院・スーパー・ホームセンター・コンビニ・ドラッグストア
  • デパート・ファミリーレストラン・ファーストフード・フィットネスクラブ
  • カーディラー・美容室等々、全業種全750万店舗・3800万棟建物

これ等全ての事物を地図に取り込み完了

これら「魚群」の上に企業が持つ各種データを重ねて分析「ここ」を見つける!
「ここ」に的確なアプローチができれば必ず売り上げを伸ばせるはずだ!

これらを使った「GISマーケティング」の主な活用業務

イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像

これらを使った「GISマーケティング」の主な活用業務は?

  • 出店計画・潜在需要測定・販売予測・既存店分析・競合店分析・商圏分析・立地分析
  • 顧客情報分析・顧客購買(POS)分析・販売店テリトリ分析・販売店適正配置計画
  • 販売促進計画・広告計画・広告効果測定・セールスマン営業支援など地図を使う全業務