消費支出推計データ 2018

635品目についてエリアごとの市場規模が見える

住民基本台帳ベースの最新の人口・世帯数データ

※ 上図は、本データを用いて地図上で色分け表現をしたものです。
(本データには地図は含まれません)

住民基本台帳ベースの最新の人口・世帯数データ

※ 上図は、本データを用いて地図上で色分け表現をしたものです。
(本データには地図は含まれません)

「消費支出推計データ」は、独自の推計法を用いて算出されたデータで、「家計調査年報」(総務省統計局)を基に、全国の市区町村別に「世帯当り年間消費支出額」を推計し、さらに世帯人数別の支出傾向を加味した上で、地域ごとの「年間消費支出総額」を646分類635項目別に推計算出したデータです。

本データを活用する事により、アイテムごとにエリアの市場規模、消費特性をあらわす事が可能になります。2016年版より、平成27年国勢調査ベースになりました。また、全指標の価格を改定しお求めやすくなりました。

項目分類:合計646分類635項目

No. 大分類 中分類・小分類
1 消費支出総額
2 食料

全259項目

穀類、米、パン、麺類、他の穀類、魚介類、生鮮魚介、鮮魚、貝類、塩干魚介、魚肉練製品、他の魚介加工品、肉類、生鮮肉、加工肉、乳卵類、牛乳、乳製品、卵、野菜・海藻、生鮮野菜、葉茎菜、根菜、他の野菜、乾物・海藻、大豆加工品、他の野菜・海藻加工品、果物、生鮮果物、果物加工品、油脂・調味料、油脂、調味料、菓子類、調理食品、主食的調理食品、他の調理食品、飲料、茶類、コーヒー・ココア、他の飲料、酒類、外食、一般外食、食事代、学校給食
3 住居

全17項目

家賃地代、設備修繕・維持、設備材料、工事その他のサービス
4 光熱・水道

全11項目

電気代、ガス代、他の光熱、上下水道料
5 家具・家事用品

全56項目

家庭用耐久財、家事用耐久財、冷暖房用器具、一般家具、室内装備・装飾品、寝具類、家事雑貨、家事用消耗品、ティッシュペーパー・トイレットペーパー、洗剤、他の家事用消耗品、家事サービス
6 被服及び履物

全72項目

和服、洋服、男子用洋服、婦人用洋服、子供用洋服、シャツ・セーター類、男子用シャツ・セーター類、婦人用シャツ・セーター類、子供用シャツ・セーター類、下着類、男子用下着類、婦人用下着類、子供用下着類、生地・糸類、他の被服、履物類、被服関連サービス
7 保険医療

全24項目

医薬品、健康保持用摂取品、保健医療用品・器具、保健医療サービス
8 交通・通信

全37項目

交通、自動車等関係費、自動車等購入、自転車購入、自動車等維持、通信
9 教育

全18項目

授業料等、教科書・学習参考教材、補習教育
10 教養娯楽

全79項目

教養娯楽用耐久財、教養娯楽用品、文房具、運動用具類、玩具、他の教養娯楽用品、書籍・他の印刷物、教養娯楽サービス、宿泊料、パック旅行費、月謝類、他の教養娯楽サービス、放送受信料、入場・観覧・ゲーム代
11 その他の消費

全62項目

諸雑費、理美容サービス、理美容用品、石けん類・化粧品、身の回り用品、かばん類、たばこ、他の諸雑費、こづかい(使途不明)、交際費、贈与金、他の交際費、仕送り金

家計調査では、平成27年1月に品目分類の改訂が行われています。
品目の詳細及び改訂箇所は項目一覧をご参照ください。

消費支出項目一覧(PDF:302KB)

データ出典

  • 「家計調査(二人以上世帯)平成30年年報」(総務省統計局)
  • 「家計調査(単身世帯)平成30年年報」(総務省統計局)
  • 「2020年版個人所得指標」(株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズ)
  • 「平成27年国勢調査地域メッシュ統計」(総務省統計局)
  • 「平成27年国勢調査町丁・字等別集計」(総務省統計局)

データ制作

  • 【年度呼称】2018年
  • 【更新周期】1年

提供指標

1指標単位

項目一覧の中から希望の指標を1指標から自由に選択することができます。

基本指標パック

大分類11指標に加え、20指標を自由に選択することができます。

全指標

全12テーブル合計620指標すべてを提供いたします。

集計単位

  • 3次メッシュ・4次メッシュ(世界測地系)単位/市区町村単位
  • 町丁・字等単位(平成27年国勢調査町丁・字等別集計に対応)

留意事項

  • 「家計調査」のような標本調査では、サンプル世帯が全国の縮図に近くなるよう、統計理論に基づきサンプル世帯を選定していますが、結果数字に「ゆれ(標本誤差)」が生じることもあります。
  • このような「ゆれ(標本誤差)」は、対象地域や収支項目によって異なりますが、調査対象世帯の少ない地域の結果や、購入頻度の少ない品目への支出額の数字などは、「ゆれ(標本誤差)」が大きくなりがちです。
  • 特に項目一覧(PDF:370KB)の表の中で、支出弾力性が低く(支出弾力性区分=選)、経常消費支出項目ではない項目については、「ゆれ」が大きくなりがちとなります。「消費支出推計データ」は、この「家計調査」のデータを基礎データとして利用しているため、時としてこのような「ゆれ」も含められている場合があります。

価格(1PCライセンス)

種別 指標 全国 地方ブロック 1都道府県
メッシュデータ 1指標単位 20,000円 8,000円 2,000円
+抽出加工費10,000円
基本指標パック 250,000円 100,000円 25,000円
全指標 500,000円 200,000円 50,000円
町丁・字等別データ 1指標単位 20,000円 8,000円 2,000円
+抽出加工費10,000円
基本指標パック 250,000円 100,000円 25,000円
全指標 500,000円 200,000円 50,000円

[税抜価格]

※ 2016年版より、全指標の価格を大幅に改訂しました。また、メッシュデータと町丁・字等別データの価格を統一しました。

※ 同一企業内フリーライセンスは、上記価格×2倍となります。

※ 2016・2017版から更新購入される場合には、更新割引(標準価格50%)が適用されます(抽出加工費は対象外)。

※ 価格は、2020年1月時点のものです。予告なく変更される場合がありますがご了承ください。

※ 株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズよりご購入頂いたデータを、有償・無償に関わらず、加工の有無に関わらず第三者へ再提供・再配布をすることはできませんのでご注意ください。

※ 本ページの一部、または全てを株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズに断り無く複製・転載することは固くお断りいたします。

関連する製品・サービス

関連する記事